Map and Gallery

①竹林(森)

あまり人が入ることのない竹林で地面が踏みしめられていないため、転ばぬよう、また木や竹でお体や衣装に傷がつかないようお気を付けください。こちらまでは”⑦三基の石灯篭”の前を通ってお越しください。

②裏庭

億から右は立ち入り禁止ですのでお気を付けください。こちらまでは”⑦三基の石灯篭”の前を通ってお越しください。

③大広間

畳敷きの広々としたお部屋です。休憩室も兼ねており、購入なさったお食事をして頂くことも可能です。多くの美術品が飾られておりますが、お手を触れぬようお願い致します。

④石庭

③大広間前の廊下より下りることができます。

⑤本堂

本堂はいささか低めの梁(2mほど)と天蓋がございます。刀などを振りかぶる構図で撮影なさる際には必ず頭上にお気を付けください。また襖に描かれた絵は大変に貴重なものでございます。こちらをも傷付けないよう細心の注意を払ってください。こちらは当日、名簿にお名前を書いて頂いた上で、上限人数ごとに時間を区切ってご案内する可能性がございます。

⑥本堂前階段と外廊下

普段は立ち入り禁止なのですが、副ご住職様の特段の計らいで使用させて頂くことが可能となっております。土足でも構いませんが、傷を付けぬよう丁寧に歩いて下さい。またカメラやフラッシュなどの三脚は丁寧に置き、位置調整でも引きずることなく、持ち上げて調整なさってください。

⑦三基の石灯篭

よくよく見ると、面白い発見があるかもしれません。。。

⑧仏陀像

仏陀の石像になります。

⑨鐘

こちらも普段は立ち入り禁止なのですが、副ご住職様の計らいで鐘のところまで入って行くことができます。絶対に鳴らさないでください。

⑩十三仏像

冥界の審理に関わる十三体の仏様の仏像です。亡くなられた方々は死後、この十三体の仏様に順々にお会いしていき、浄土へ行く手助けを受けます。

⑪正福寺地蔵堂

通称:千体地蔵堂
ご開帳日ではないので柵の中に入ることはできませんが、国宝を目の前にして撮影できる又とない機会をお楽しみください。すぐ横が八坂神社様となっております。衣装を着たまま入ることの無いよう、何卒お気を付けください。こちらは当日、名簿にお名前を書いて頂いた上で、上限人数ごとに時間を区切ってご案内する可能性がございます。

⑫貞和の板碑

1349年に作られた、都内最大級の板碑になります。かつては東村山市内にある前川という川の橋の一部でしたが、昭和初期に川から撤去したところ周辺で疫病が流行したために、正福寺様に移されて祀られることになりました。大変貴重なものですので、是非こちらもご覧ください。
こちらは東村山市指定有形民俗文化財に指定されております。

⑬山門

重厚で美しい作りの山門です。こちらは東村山市指定有形文化財に指定されております。

その他

・受付は駐車場横の道(公道)を進んだ先の建物の中で行います。
・お手洗いは建物内の受付近くに一カ所、駐車場内に一カ所ございます。
・近隣の飲食店に参られる際は上に一枚羽織ってください。衣装を着たままで入れるお店は別途ご案内いたします。
・正福寺様駐車場の赤枠で囲まれたカ所がおてらコスプレ祭で利用できる駐車スペースになります(チケットページをご覧ください)。

Gallery